2310円 ペタペタくっつく!安心の日本製! 【ペタペタブロック コンテナケース100ピースセット】 おもちゃ ブロック セット 【ペタペタブロック,おもちゃ , ブロック , セット,コンテナケース100ピースセット】,2310円,www.whitecherrygames.com,ペタペタくっつく!安心の日本製!,/arcual642134.html 【ペタペタブロック,おもちゃ , ブロック , セット,コンテナケース100ピースセット】,2310円,www.whitecherrygames.com,ペタペタくっつく!安心の日本製!,/arcual642134.html ペタペタくっつく 安心の日本製 【予約販売品】 ペタペタブロック コンテナケース100ピースセット 2310円 ペタペタくっつく!安心の日本製! 【ペタペタブロック コンテナケース100ピースセット】 おもちゃ ブロック セット ペタペタくっつく 安心の日本製 【予約販売品】 ペタペタブロック コンテナケース100ピースセット

ペタペタくっつく 安心の日本製 安いそれに目立つ 予約販売品 ペタペタブロック コンテナケース100ピースセット

ペタペタくっつく!安心の日本製! 【ペタペタブロック コンテナケース100ピースセット】

2310円

ペタペタくっつく!安心の日本製! 【ペタペタブロック コンテナケース100ピースセット】








NEWシリーズ登場!
安心・安全の日本製!
しっかりしたケースでプレゼントにも喜ばれます!

ペタペタブロックは、楽しく遊びながらお子さまの創造力を育む知育玩具です♪
◎小さなお子さまが安心して遊べる大きめサイズ!鋭角のないデザインでお子さまに安心して遊んでいただけます。
柔らかなポリエチレン製のため、けがの心配もありません。

◎組み立てやすく、パターンは無限!ブロックはお子さまが簡単に組み立てやすい、さし込みタイプとなっています。
また、パーツの数も多く、作品のパターンは自由自在!


【セット内容】
・100ピース
【パッケージサイズ】
約)横31×縦20×高さ14cm


【対象年齢】
3歳以上

【ブロック素材】
PE樹脂


この商品はSTマーク(玩具安全基準)に合格した安全な素材です。

ISBNコード9784861485350

※5枚目の画像は作品例です。セット内容によって作れるアイテムが異なります。
※7枚目の画像は「60ピースセット」の商品を使用しています。

おすすめ!ブロックシリーズ!
コンテナ35ミニケース コンテナケース60セット コンテナケース100pセット ペタペタブロックカタチセット
バラエティセット のりものセット タイヤパーツ

ふわふわブロック

シルバーバックの知育シリーズ!

エンジェルクラウド どろだんご

木製工事車両 木製ABCドミノはたらく車

木製のりものスタンプ 木製どうぶつスタンプ 木製さかなつり

とけい とけいカレンダー ねこドミノ おかねドミノ 100だまそろばん

ABCパズル 数字パズル パズルセット


ペタペタくっつく!安心の日本製! 【ペタペタブロック コンテナケース100ピースセット】

新しい技術

  • ルービックキューブはどのように機能しますか?

    巧妙なパズルでもあるルービックキューブは、それを構成する26の小さな立方体の動きを可能にする独創的なメカニズムです。 それがどのように動作するかを発見する。 RubikのCubereisの構築は、常に中央の心臓に6軸があり、その最後には各面の中心を占める立方体が固定されています。 各軸は、心臓に固定されたネジで構成されています。今度は、スプリング を介し て、カラーラベルが付いたプラスチック部分から構成されています。 他の小さな立方体(角の場合は8つ、角の場合は12つで、2つの角の間にある)には、隣接する立方体のノッチにスナップする留め具が付いています。 回転運動は、これらのつながりを1つの小さな立方体から別のものにスライドさせます。 1974年にハンガリーのErnőRubikが発明されて以来、Rubik's Cubeのいくつかの変種が想像されてきました。数年後に世界的な成功を収め、数学的モデルを生み出しました。 マウントの詳細と、1面あたりの立方体の数が異なる場合があります。 さらに元のモデル、例えば球形が想像されています。 RubikのCubedeクラシック法案が部分的に解体されました。 それは、クロスコアに固定された6つの中央キューブ、8つのコーナーキューブ、12のエッジキューブで構成されています。 ©Curis、CC by-sa 2.5 ルービックキューブを分解する

    続きを読みます »
  • ルービックキューブはどのように機能しますか?

    巧妙なパズルでもあるルービックキューブは、それを構成する26の小さな立方体の動きを可能にする独創的なメカニズムです。 それがどのように動作するかを発見する。 RubikのCubereisの構築は、常に中央の心臓に6軸があり、その最後には各面の中心を占める立方体が固定されています。 各軸は、心臓に固定されたネジで構成されています。今度は、スプリング を介し て、カラーラベルが付いたプラスチック部分から構成されています。 他の小さな立方体(角の場合は8つ、角の場合は12つで、2つの角の間にある)には、隣接する立方体のノッチにスナップする留め具が付いています。 回転運動は、これらのつながりを1つの小さな立方体から別のものにスライドさせます。 1974年にハンガリーのErnőRubikが発明されて以来、Rubik's Cubeのいくつかの変種が想像されてきました。数年後に世界的な成功を収め、数学的モデルを生み出しました。 マウントの詳細と、1面あたりの立方体の数が異なる場合があります。 さらに元のモデル、例えば球形が想像されています。 RubikのCubedeクラシック法案が部分的に解体されました。 それは、クロスコアに固定された6つの中央キューブ、8つのコーナーキューブ、12のエッジキューブで構成されています。 ©Curis、CC by-sa 2.5 ルービックキューブを分解する

    続きを読みます »